S'adapter (整える)  ~自然と成長するそのちからを信じて~ 

      S'adapterでは、【おくちから広がる幸せ】を基本理念として 毎日のお食事のこと/からだのこと 自分自身やほかの人との       人間関係の中で起こるコミュニケーションへのアドバイスやご相談を承っております。

感情論から行動へ

『 ふふっ・・・』っと


鼻先で笑われてしまうような

ごく当たり前のお話ですから

 

“ 信じられない ”かもしれません。

 

 

でも
ほんとうのお話です。

 

 

ですから
“ 信じられない ”方はこのさきを


スルーしていただいて構いません。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

予選通過しました!

 

f:id:fumi_521:20170723232431j:image

 

 

締切り前日にチラシを入手して電話してみたところ。

「定員が・・・」というお話しぶりから一時はあきらめていたのですが。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

今週からお弁当もちです。

 

f:id:fumi_521:20170723232450j:image

 

お弁当。やだなぁ~~・・。

 

でも、まぁ、10回だし。

そのあとのお楽しみもあるので、おにぎりと軽めのなにかで。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ご存知の方もあるかもしれませんが、

実は、わたしには子どもが2人います。

 

離婚するとき、彼らはママでもパパでもなく

東京がいい!とそれまでの環境を選び、いま、パパと一緒に暮らしているのです。

 

これまでも、わたしのできうる範囲で

子どもたちとの関わりを保とうと努力してはみましたが、

 

わたしが子どもたちに関わりをもつことは

どうも赦されていないようです。

 

先日は、夢の中に珍しく2人そろって出てきて

「もう、さきはないよね・・」と

 

あのかわいらしい口からこぼれる悲しい言葉でお昼寝から目覚めたものです。

(そう思われているかどうかは、分かりかねます。

 なにせ、連絡を取ることすら・・なのですから。)

 

決して、あきらめたわけではないですが

このお腹に生を宿し、トツキトウカの歳月と

そのあとのいろいろを忘れられるわけもなく。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ここまでの精神状態になるまでに

たくさんの心理学やセラピーの方法、

仕事や人間関係などに救われたにも関わらず、

これほどの時間がかかるものかと自分でも驚いています。

 

その中には当然、体力も含まれていました。

 

そのためにお食事に気を配ってみたり

プールに通いだしたりし始めた

 

 

そのタイミングでのチラシ入手!

 

 

手が勝手に電話機のダイヤルをプッシュしていたのには

自分で驚くくらいの衝動性だったと

いま、感じています。

 

引き寄せてる・・・・

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

これまでにもコーチングやカウンセリングなどで

親子関係に携わらせていただいていました。

 

そこでも感じていたこと。

 

それは・・・

 

 

 

『声にならない!!!』

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

問題点が見えていても

どんなにママ友や地域や人間関係の交流があったとしても

 

『話を(まともに)できる相手がいない!!!』

 

それはママだけではありません。

そこにはパパも含まれています。

 

お子さんの問題はその場(家庭というコロニー)だけのことでは

ないんです!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

これからは(地域は限定されますが)

もうすこし早い段階でその声を聴くことができるかもしれません。

 

 

わたしの住んでいる地域は

割とお子さんたちが多く、住んでいらして

ぴょんぴょん跳ね回るほどに元気です。

 

マンションの上の階に住む中学生の男の子も

顔を覚えてくれて

いつも率先して挨拶してくれるほどに

礼儀のあるお子さんです。

 

一方で、夕暮れころになると

赤ちゃんの泣き声がずっと響き渡り

なかなか止まずにハラハラしてしまう自分も居たりします。

 

あろうことか

『うるさいっっ!』なんて

男の人の野太い声が聞こえてきたときには

介入すべきか、悩んでしまいます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

この辺りを特別視しているわけではないのですが

やはり

地域性というものからも作り上げられる【価値基準】を尊重します。

 

 

正直申し上げて

こちらに来て実感していることがあります。

 

【 口は悪いが、こころが優しく、親切で、辛いことがあっても

     笑い飛ばすほどのメンタルの強さ 】

 

を、持っている人が数多くいる!!!!

 

 

ですから、『うるさいっっ!』なんて言われても

子どもたちも負けじと自分の言い分を主張するのです。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

話をもどしますと、主張することを言語化できるのならいいのです

それがままならない方も多くあることでしょう。

 

出産という大仕事を終えた女性のこころも身体は

いろいろな書籍やインターネットの情報に書かれているような

一般論だけをうのみにしてしまっている人々から

いとも簡単に傷つけられてしまいますし、

 

それによって

大切なお子さんであるはずなのに

傷つけてしまうようなことがあっては

ならないと思うのです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

これまでのわたしの【価値基準】のなかにボランティアといものは

ありませんでした。

 

 

ですが、健康管理士の資格試験を取り

コーチングやカウンセリングなどしていくにあたって

総務省のデータや厚生労働省のデータを読むと

いま、エネルギーが枯渇しているのは子どものチカラが

少なくなってきているからなのではなかろうか?と

(まったく、個人的な意見です)

 

たった一人のカウンセラーがそんなことをしても

ホントに微力だとは思うんです。

 

ですが、机上の空論でキレイごとばかりが

並べ立てられているようなSNS眺めてるより

 

ひとつでも

ひとりでも

ほんのひと時でも

 

だれかの安らげる場所になれたらいいなと思うんです。

 

ffsadapter.wixsite.com

 

もちろん。

 

それ以外では、S'adapterでの活動もしておりますよ >>>

 

 

 

【思い込み】の分解

『 ふふっ・・・』っと


鼻先で笑われてしまうような

ごく当たり前のお話ですから

 

“ 信じられない ”かもしれません。

 

 

でも
ほんとうのお話です。

 

 

ですから
“ 信じられない ”方はこのさきを


スルーしていただいて構いません。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

先日の記事

 

fumiko521.hatenablog.com

 

について、別のブログサイトでコメントいただきました。

コメントくださった たっくんパパ(@yosi_yosio)さん

ありがとうございます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

先週の土曜日開講のNLPプラクティショナーコースで

取り扱ったテーマが【メタモデル】だったこともあって

 

“あら~。今週は【思い込み】の分解が課題なのかしら~~”と。

 

f:id:fumi_521:20170721203920j:plain

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

以下、コメントより抜粋。

 

一概にこうしたらいいんだよという答えは無いですよね

家庭それぞれの環境や問題がある訳で...

 

⇒ そうなんですよね。一概にこうしたら..という答えは無いんです。

答えはその人の中に深く埋もれてしまっていることの方が多いんです。

ですから、お話を伺うとお母さんやお父さんが自分の弱さやずるさに

赤面してしまう場面も多くあります

 

⇒ 家庭それぞれの環境や問題がある訳で...

ひとはそれぞれに価値基準信念を持っています。

惹かれあうときには価値観が似ているからとか、出身地や学校が同じとか、

共通の趣味をもっているとかなど、なにかしら、自分と似通った点について

好意を抱きます

ですが、詳細にいたるとものすごく違う点というのがあって

そこからひずみが生じたり、誤解が生みだされたりするのです。

 

 

 

双子でも無いのに意思の疎通が、何もかもうまく行くはずもなく、

とにかく書かれてましたけど抱え込まずに、話し合う事って大事だと思います。

 

⇒ だろう運転が危険なように、~~だろうと予想して判断してしまう

そういった危険をはらみやすいのが親しき仲に起こりやすいことですね。

 

毎日、同じように朝を迎えていても人は常に変化をしています。

昨日の自分と今日の自分。昨日のあの人と今日のあの人は同じ人間ではあるけれども

ときに悲しんでいたり、ときに怒っていたり、ときに調子が悪かったりするのです。

 

そんなときに元気なときとおなじような接し方では

相手の取るあなたへの対応が悪くなるのはいたしかたないことです。

 

この~~だろうと予想して判断してしまうことは

あたかも事実であるかのように表現された意見表明なんです。

 

 

考えずに口をついて出るような表現に

気を付けてください。

 

一世代の間違いが次世代の超人的?殺人的?な知識になってしまうことも

ある子育ての現場においてうんちくを語っている時にありがちな

 

判断されていない判断

 

これはトラブルの原因になります。

 

さいたま市では『母子手帳』ならぬ【祖父母手帳】なるものが

あるそうです。

 

さいたま市/孫育てを応援!「祖父母手帳」をご利用ください

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

家庭の環境や時代背景、なにを見てどう感じてどういった面を

自分自身の中に取り入れてきたか?によって

わたしたちの価値基準は大きく違っています。

 

それは、普遍的に変化しないというわけではありません

状況や内容によって

どの基準を自分の中に採用するのか?

または、しないのか?と

その時々で判断しています。

 

まずは自分自身の価値観

それをしっかりと明確に知ることで

いまのやりにくさだとか、なんだか大事にされてない気がする..などの

要因が分かるようになってきます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ご相談のお母様に関しましては

情報爆発の波に呑み込まれてしまって

いま、表面化している問題より

さらに大きな問題に気づかれていないのです。

 

その【思い込み】の分解をしていくのがNLPカウンセリングです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

“ わたしがこどもを授かったときに『祖父母手帳』あったらどんなに・・・”

 

 

ffsadapter.wixsite.com

 

それではまた♪

【 〇〇にしたいのですか? 】

『 ふふっ・・・』っと


鼻先で笑われてしまうような

ごく当たり前のお話ですから

 

“ 信じられない ”かもしれません。

 

 

でも
ほんとうのお話です。

 

 

ですから
“ 信じられない ”方はこのさきを


スルーしていただいて構いません。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

質問

「 反抗がひどく、宿題や忘れ物が多く、ADHDを疑ってしまいます。

わたしは、どう対処したらいいのでしょうか? 」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

これまでにも

 

・宿題や課題が期限内に提出できない

・忘れ物が多い

不登校…など

 

ご質問がございました。

 

 

カウンセリングやコーチングに

至ったケースもあります。

 

課題を提出しないことも

学校をおやすみすることも

持ち物を用意しないことも

 

すべて

 

お子さんの意思によるものです。

 

『お友達のお母さんから「病院に連れて行った方がいいよ。」と勧められてるんですけど、先生、どう、思われますか?』

 

 

あなたの

思惑通りに動かないお子さんを

病人にしたいのですか?

 

病名がついたら

うちの子は他の子とはちがうから

仕方ないのね…。と

安心できるのですか??

 

 

おそらく

あなたは出産のとき

五体満足であればいいと

願ったはずです。

 

 

小さなころに熱を出して

顔を赤らめ

ヒューヒューと

苦しそうに肩で息をする

お子さんに

【はやく元気になって】と

願ったはずです。

 

 

 

それが歳を重ねるにつれ

あなたの
思惑通りに動かなくなってきた

お子さんを

あなたはどんな基準で
病人にしたいのですか?

 

 

病名がついて

薬を処方されて

若い身体が蝕まれていく…。

 

 

あなたが十月十日

そのおなかのなかで

育んだ

愛おしいお子さんを

 

 

病人にしたいのですか?

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

わたしのところで

カウンセリングを受けた不登校の子は

 

こう答えてくれました。

 

「 朝起きて、お腹とか…、

身体のどこかがだるいとお布団の中で

考える…。

電車に乗る時間が過ぎてから

リビングに行くんです。

 

小さいころに

身体の具合が悪かったら

みんなが優しくしてくれたから。」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

一方で

ある症状が出ているにも関わらず

 

それを認めることができない

お母さんがお二人ほどいました。

 

 

4つの共通する点がありました。

・1人で抱え込んでしまうこと

父親は当てにならないと思い込んでいること

・感情的なこと

・お子さんへの質問に対して答えてしまうこと

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

読んでくださっている

あなたがお子さんをお持ちでしたら

 

 

「 あなたはあなたのお子さんを

どのように育てたいのですか? 」

 

 

f:id:fumi_521:20170719022329j:image

 

もし、仮に

【子供は大人の言うことに従うべき】と

お考えでしたら

 

それは月並みな考えです。

 

「だれがそう言っていて

あなたはどのような体験から

そうだと言っているのですか?」

 

love|大阪|NLP|セラピー|健康|福住文子|sadapter|整える|ホメオスタシス|

 

 

https://ffsadapter.wixsite.com/love