S'adapter (整える)  ~自然と成長するそのちからを信じて~ 

      S'adapterでは、【おくちから広がる幸せ】を基本理念として 毎日のお食事のこと/からだのこと 自分自身やほかの人との       人間関係の中で起こるコミュニケーションへのアドバイスやご相談を承っております。

【 気概をもって 対峙するトキ 】

 

こんにちは。福住でございます。

 

 

私たちはつい。

 

臭いモノには蓋をしてしまったり

見えない処にしまい込んでしまったり

耳を塞いで話を聞かなかったりして

 

 

後回しや先送りしてしまったりします。

 

 

そうならない為にも

セッションやセラピーなどでは

 

モチベーションを高めたり

時間管理をしたり

記憶に付きまとう感情を書き換えたりします。

 

 

もうすぐ11月も終わりにさしかかっている今週。

 

まったくと言って個人的な

ど・主観

 

いまだ完全には拭いきれない感情浄化する為

そして

欲するモノを得るため

 

 

昨日、急ピッチで作った

ニットのクリスマスツリー🎄

 

f:id:fumi_521:20161126135643j:image

 

ある人に 大切な記憶(感情)を辿ってもらう為に作りました。

 

おそらく相手も

わたしが その事に対峙してくることを

待っていると感じています。

 

はっきり言って、いまは

その人のことが好きではないのです。

 

好きになりたいとも

好きになろうとも考えたりしませんが

どうしてもわたしが欲しいモノとの

しがらみがあるために

わたしがやるべき事に対峙しなくてはならないと。

 

 

 

そして時期的に

いい頃合いであることも

経験上

認識しています。

 

 

 

 

記憶(感情)にアクセスするとき

 

五感(視覚・聴覚・体感覚・嗅覚・味覚)のうち3つ以上を感じられると

より鮮明にアクセスできます。

 

五感で感じないまでも

それを言語化できなかったとしても

 

モダリティのどこかにアクセスして

その人のいいところを引き出すこと

できると信じています。

 

 

その道具(ツール)として作ったツリーに

なりますが

その経緯はまた今度。

 

 

今ある環境の中でまどろんでいるよりも

行動を起こしたほうが

はるかに得るモノも多いのです。

 

 

失うことへの予期不安を高めるよりも

はるかに建設的で健康的な方法でもあります。

 

 

気概とは

困難に打ち克ち、自ら進んで立ち向かっていく強い意志・気性のことで

 

プラトンの 魂の3分説のひとつ。

・理知

気概

・欲望

 

 

相手がどのような状態(主意・主知・主情主義)であろうとも

 

 

アクセスできるツールとして

役立つことと願っています。

 

 

戦わずして勝つ

 

 

カウンセリングroom souでした

 

https://ffsadapter.wixsite.com/love