S'adapter (整える)  ~自然と成長するそのちからを信じて~ 

      S'adapterでは、【おくちから広がる幸せ】を基本理念として 毎日のお食事のこと/からだのこと 自分自身やほかの人との       人間関係の中で起こるコミュニケーションへのアドバイスやご相談を承っております。

【 それは ひそやかに やってきた… 〇〇くり で 〇〇くり 】

 

こんにちは。

家族コーチング・カウンセリングと

セラピーをしております

ふくずみふみこでございます。

 

 

昨夜…
 
あまりの湿気で頭が重くて横になっておりましたら
パートナーさんのご帰宅。
 
 
いつものように
部屋着にお着替えに別室に行って
ひそやかに
リビングに戻ってきたとおもったら…
 


 
ヘラヘラと笑いながら
『 やってもた… 』
 



 
(ー ー;)

 

【 それは ひそやかに 】
つま先部分を引っ張って靴下を脱いだ時
それはおこったそうな。

 

  1. 痛みの原因
  2. ネガティヴは〇〇神経の緊張状態である
  3. ネガティヴな感情を作り出しているのは?
  4. 副交換神経を優位にしましょう
  5. こんな方法もあります

 

 

 

 

1.  痛みの原因

痛みの原因にあるのは

怒りやイライラ、不安や心配事などが

挙げられます。

身体は緊張し、筋肉がこわばります。

 

そして怒りなどネガティヴな感情

反社会的とされますので

抑制しなければならないという葛藤

起きるのです。

 

 

2.  ネガティヴは〇〇神経の緊張状態である

自律神経は交感神経と副交換神経のバランスにより保たれています。

この2つの神経はひとつの器官や臓器に対して相反する働きをするために

わたしたちの意思ではコントロールするのが難しいのです。

 

交感神経が優位になりますと

血管が収縮し、筋肉への血液の流れが悪くなり、筋肉の酸欠状態へ。

筋肉は縮み、痛みとなります。

 

 

3.  ネガティヴな感情を作り出しているのは?

ネガティヴな感情を作り出しているのは

他でもない自分自身です。

なにかや誰かに怒って出口がない

そんなネガティヴな感情

身体を出口として痛みとなって

あなたに教えてくれています。

 

4.  副交換神経を優位にしましょう

副交換神経を優位にするいちばんの方法は

自分自身リラックスする方法を見つけることです。

 

リラックスする方法は

なんでもいいと思います。

散歩でも 温泉でも 自然浴でも

スイミングでも

何かを創作するのでも…。

 

以前、大阪に住む友人のお母上が

うまいこと、仰っていました。

 

『 腹が立ったら横になりなさい! 』

 

質の良い睡眠は大事です。

 

睡眠不足の状態では

パフォーマンスもさがってしまいます。

 

5.  こんな方法もあります

怒りなどのネガティヴな感情

小さな頃から表に出さないようにと

教えられて来たのではないでしょうか…?

その様な感情を持ちつづけていますと

ある日突然、壁を感じるようになります。

 

なにか、目標を持ってお仕事やお勉強など

頑張っていたとしても、なにかブレーキになってしまう時があります。

 

痛みをとる為の対処療法だけでは

この先もずっとのどこかで

その痛み怯えながら生活していかなければなりません。

 

これまでに溜め込んできた

ネガティヴ感情キレイにする方法として

タイムラインセラピー™️有効な方法のひとつです。

 

お薬もお注射も

バキバキっていうのもやりません。

 

あなたの中にある記憶

アクセスして頂き

ネガティヴ感情を見つけだし、そこから学びを得てくる…

 

 

は?

たったそれだけ…?

 

 

そう思うことでしょう。

 

 

そうなんです!

たったそれだけ。

 

 

でもね…

なにが有効的なのかはセッションを受けてみるとよくわかります。

 

 

なぜならそれは…。

あなただけの記憶にアクセスするからです

 

 f:id:fumi_521:20160701124258j:image

 

⇧このようなモノに何万円も費やし続けますか…?

 

 

それでは〜〜

ふくずみふみこでした

 

本日は

【 それは ひそやかに やってきた…

ぎっくり で びっくり 】でした

 

 

 

https://ffsadapter.wixsite.com/love