S'adapter (整える)  ~自然と成長するそのちからを信じて~ 

      S'adapterでは、【おくちから広がる幸せ】を基本理念として 毎日のお食事のこと/からだのこと 自分自身やほかの人との       人間関係の中で起こるコミュニケーションへのアドバイスやご相談を承っております。

【 『立てば芍薬 座れば… 』って〇〇〇を表す言葉 ?! 】

 

こんにちは。

家族コーチング・カウンセリングをしております

ふくずみふみこでございます。

セラピーもやってます。

 

 

幼稚園くらいの女の子がエレベーターの扉をちいさな体で止めて

ポストから配達物を取っていたわたしを待っていてくれました(^-^)

そんなささやかなことが嬉しいですね ♪

 

 

  1. 『 立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花 』
  2.  美しいの基準って…?
  3.  個人的には

 

 

 

『 立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花 』

『 立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花 』

耳にしたことのある方も多いかもしれません。

美人を形容する意味でお使いになられた事のある方もいるかもしれませんね。

 

f:id:fumi_521:20160617144707j:image

 

 

んがっー!

 

もともとは生薬の使い方をたとえたものです。

アロマテラピーなど天然のハーブを使ったものと同様、症状に応じて

生薬を混ぜ合わせ煎じて使用します。

 

先の『立てば芍薬』の〈立てば〉は

イライラとして気の立っている女性を意味します。

ですから芍薬の根の部分を使用し

筋肉のこわばりや痛みを取ったりします。

『座れば牡丹』の〈座れば〉は椅子や床にペタンと座ってばかりいる女性を意味します。

座ってばかりいると腹部や下半身に血液が滞りますので、瘀血(おけつ)になります。

ですから、牡丹の根の皮(牡丹皮)を使用し、改善します。

最後の『歩く姿は百合の花』ですが

百合の花のようにナヨナヨっとして歩いている様子を表現していて、

心身症のような状態を意味します。

これには百合の球根を使用します。

 

このように症状にあった生薬を使うと健康になれますので

健康な女性は

『 立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花 』のごとく

美しいという意味かと思います。

 

f:id:fumi_521:20160617144802j:image

 

 

生薬やアロマテラピー同様、

セラピーやカウンセリングも心身ともに効果的です。

敷居が高く感じられるかもしれませんが至って安全な療法として

ご利用が拡まって気軽にセッションを

していただけるといいですね。

 

 

 美しいの基準って…?

では、美しさの基準ってなんでしょう…?

顔でしょうか…?

顔だとしたら

目の大きさ…?

鼻の高さ…?

唇のカタチ…?

髪型…?

シワがなくハリのあって透明感のある肌ツヤ?

 

スタイルでしょうか…?

スタイルであれば

背が高い?低い?

手足が長い?短い?

胸が大きい?

お尻がプリっとしてる?

 

声でしょうか?

声だとしたら

その声は高い?低い?

ペースは速い?ゆったり?

間の取り方は?

人によって変わる?

 

香りでしょうか?

香水の香り?

アロマ?

石けん?柔軟剤の香り?

柑橘系?

草木系?

ベリー系?

パッション系?

バニラ系?

 

見た目でも声でも香りでもない方は

知性でしょうか?

どんな内容をどんな人と

どこでお話していますか?

過去の話?

未来の話?

自分の話?

他の人の話? …

 

 

ひとことで美しいと言われても

10人いれば10人の

1000人いれば1000人の人の数だけ

美しい基準って違いますよね…?

 

 

 個人的には

わたくし個人的には恐縮ながら

世の中のお母さんと言われる人たちが美しいと感じます。

お体のことでお若いときからご苦労がありながら、お子さんを持つことが

叶わない方もいることも存じております。 

 

先にもあげた

エレベーターの女の子。

中へ入ると小学生と思われるお姉ちゃんとお母さんはいらっしゃいました。

エレベーターの扉を開けていてくれた女の子が大福を無言で頬張っていたので

「 美味しい?(^-^) 」と尋ねると

「 おばあちゃんからもらってんな…   もお〜〜っ。夕飯前やってゆうのに…  」と

半分、困ったようなそれでも

かわいい我が子を愛おしんでくれる

おばあちゃんの気持ちが嬉しいような

複雑な表情を浮かべていらっしゃいました。

小学生のお姉ちゃんが

「 だれか、算数教えてや〜〜 」と

つぶやくのにも

とっさに

「 ママが教えたるよ〜〜 」

 

両手には、お子さんのバッグと

スーパーの袋、傘などを持ち

子どもたちに目を配り、同乗したわたくしにも気をかけてくださる…

 

そんな溢れんばかりの優しさが

にじみ出ているのって

やっぱり世の中のお母さんと言われる人たち。

 

 

自分の体に変化を感じてから

意思とは無関係な吐き気や頭痛や腰痛、

睡眠障害に耐えて

骨は削られ骨は開き、

歯もボロボロになる方もいます。

 

ともすれば

自分の命とも引き換えになるかもしれない出産という大きな仕事をし、

そのあとの何ヶ月かも

不眠不休状態で授乳、オムツ替え

咳をしたら風邪かも…?

湿疹が出れば、お熱はどうか…?

お腹を壊せば、原因はなんだったか…考え、病院に行くべきか、悩み…

 

ダダをこねればイライラが募って

怒鳴り散らしたりする自分を不甲斐なく思い、悲しみにくれたり

批判してしまう日々。

 

周りからの親切を

親切と受け取れなかった時もあったでしょう…

 

 

それでも

子育ては大きな大きなおおきな大仕事です。

そしてそれはかけがえのない

とって代わることのできない大仕事です。

と引き換えになるかもしれないのですから…。

我が子のことで我がことでは無い感覚を味わい、我がこととして認識している訳です。

 

 

 

そんな世の中のお母さんと言われる人たちが美しくないワケはひとつもない!

 

 

 

 

 

 

個人的には恐縮ながら思っています。

 

 

 

心配しすぎてできたシワも

眠すぎて手入れを怠ってたるんでしまった皮膚も

外での活動で日焼けしてできたシミも

年追うごとに色の変わる髪も

 

それに変わるくらいの

目尻の深い、深いシワを見ると

手元・目元のシミを見ても

 

 

この方の人生は

全体においてどのくらい幸せなんだろうか…?と

考えさせられるほど美しいと感じます。

 

 

若さは刻一刻と

この鼻の先を過ぎる瞬間、瞬間に

衰えますが

 

若々しさという華は

いつまでも枯れずにいることは可能ですもの。

 

 

愛らしく、可愛らしく、初々しく

素直に、誠実に…

 

 

送る視線の先に見えるものを

映し出している鏡のように

あなたは美しいと。

 

 

 

わたしは

そう

おもいます。

 

 

 

だからこそ

応援したくなるのかな…

 

HP⇩

fumikofukuzumi

 

 

それではふくずみふみこでしたっ!

 

 

 

 

 

https://ffsadapter.wixsite.com/love