S'adapter (整える)  ~自然と成長するそのちからを信じて~ 

      S'adapterでは、【おくちから広がる幸せ】を基本理念として 毎日のお食事のこと/からだのこと 自分自身やほかの人との       人間関係の中で起こるコミュニケーションへのアドバイスやご相談を承っております。

【 トリの目 】


こんにちは。
ふくずみふみこでございますm(_ _)m

午前中は気持ちのよい風と
太陽の光を受けて光合成しながら
菜園の野菜やハーブ、花たちを眺めつつ
読書をしたりしていますと
いろいろな音が耳に入ってきたりもします。


お向かいの上の階にあたるお宅に
度々、やってくるハト

f:id:fumi_521:20160603010820j:image

すこしばかり強い風にも
ひるむことなく、目指す処で
羽根を休めているかのように見えます。


そんなハトを観察しつつ
眼下を見下ろしますと
いつもの畑にいるオジさま

と、もう1人
オジさまがいらして


なにやら怪訝そうに
電話をかけておりました




視線を横にずらしますと
すこしばかり
細くなっている畑脇の道路にはクルマ


そして
違反キップを切る
自転車に乗ったオジさま



また…

f:id:fumi_521:20160603011322j:image

ハトが移動したのを確認した直後に

畑に目をやりますと

畑にいたオジさまと
お電話をかけていたオジさまが
違反キップを切るオジさまと
なにやらお話しているようで…

と、思いきや
フロントガラスにあった黄色いシールを
ベリベリっと剥がして…

しばらく後に
クルマは姿を消してしまいました。


おそらく
畑のオジさまのところに
ほんの少しばかり寄った際に
違反の黄色いシールを
貼られてしまったのではないのだろうか…?と予測されますが


わたくしから見た限りですと…


当事者であるクルマの持ち主(お電話をかけていたオジさま)と
違反キップを切るオジさまのフィジオロジー(立ち居振る舞い)から

あまり良い雰囲気を感じとることは
できませんでした。


【 トリの目 】だけが
真実を知っているのでしょうね。



NLPではこの【 トリの目 】の位置を
第3の位置(パーセプチュアルポジション)といっています。


当事者同士では
お互いの利益や
フィルター(思考や感覚のふるい)にかけられ
真実がなにであるか…?と
いうところに欠けるモノがあります。


冷静な判断をするのが
難しくなるのですね…。


ペア(夫婦)カウンセリングや
親子コーチングでは

この【トリの目 】への視点の移し方
また実際に
双方の考えや主張を分かち合うための通訳(優位表象システムに即した言語)をさせて頂くことで

それまでより深くスムーズな
コミュニケーションをはかれる様になった‼︎  と、喜んで教えてくださった
ご主人さまやお母様などがいらっしゃいました。


中立的な立場から
問題解決につながるような質問をされることで
当事者同士では気づきにくい点に
気づくことが可能になります。



ご夫婦で恋人同士で
また親子関係において

感じたことの無いような不協和音が響いてきていたり

違和感を感じ始めているようでしたら

一度、カウンセリングを受けるのも
お互いを理解することができて
愉しみな時間が増えることでしょうね…
(^-^)


カウンセリングのお問い合わせは⇨
https://ffsadapter.wixsite.com/love